>>オンラインドット絵エディタ「あいこんくらぶ」をリリースしました
  • ホーム
  • ステージデザイナーとは

ステージデザイナーとは?

ステージデザイナーは、アクションゲームを比較的簡単に制作できるように、
さまざまな機能を持ったゲーム制作ソフトです。
主にアクションゲームの制作に向いています。

★下記のリンクよりβ版(開発途上版)を配布しております。ぜひつかってみてください。
フリーソフトとして提供しております。




(こんなかんじのエディターです。クリックで拡大)

ゲーム制作には通常プログラミング作業が伴いますが、このソフトではそのような作業が
簡単にできます。
(制作の上でプログラミングに似た作業がありますが、構文やコマンドを覚える必要はなく、ほとんど
マウス操作で行うことができます。)

このゲーム制作ソフトを使うことで、おおむね以下のようなことができます。
  • マップの作成(マップとは、各種キャラクターやアイテムを配置できる空間のことをいいます。)
  • 自キャラクターや敵キャラクター、各種アイテムなどの制作
    オブジェクトというしくみで制作します。)
  • BGMや効果音を鳴らすことができる
  • セーブ&ロード機能の実装に対応
などなど...



使用できる素材


画像ファイル bmp, png, jpegファイル(画像の縦横サイズが2の2乗の数である必要がある)
サウンドファイル wave, oggファイル


動作環境

  • OS:WindowsXP/Vista/7/8/8.1
  • DirectX 9.0cが利用できる環境
    ※最近のWindows(Vista,7,8あたり)は別途DirectX9.0cランタイムを導入する必要がある
    場合があります。
  • .NET Framework 4 以上がインストールされている環境
    (DirectX、.NET FrameworkともにMicrosoftのウェブページからダウンロードできます。)


利用規約

  • 本アプリケーションで作成された作品は、無償配布にかぎり自由に利用できます。
    【追記】配布形態・商用/フリーにかかわらず使用できます。
    (β版であるため、配布に関しては注意してください。)
  • 作品を公開する際に、報告は不要です。
    詳しい利用規約や免責事項についてはヘルプファイル:利用規約を参照してください。


どのようにゲームを作っていくの?


まずはマップをつくり、ステージを作成していきます。


(このようにプレイヤーが動き回る「マップ」をつくっていきます。)
このあと、つくったマップにプレイヤーや敵キャラクターなどを配置していきます。
これらのキャラクターは同梱されていますが、自分で作成することもできます。

★配布しているファイルにはヘルプファイルも同梱されており、ここからチュートリアルを
 見ることができます。まずはチュートリアルをご覧いただき、操作してみることを
 お勧めします。


ゲームに使用するキーボードのボタンなどを登録して、実行ボタンを押せば、
このようにゲームを動作させることができます。

プレイヤーや敵キャラクターをはじめとしたアイテムは、「オブジェクト」機能を用いてつくります。

オブジェクトとは?

このアプリケーションの核となるのが「オブジェクト」機能です。
オブジェクトには、以下のような機能があります。

・イベント機能
 オブジェクトを扱う際に最も重要となる機能です。
 「イベントコマンド」とよばれる命令を組み合わせて、オブジェクトがどのように
 機能するのかを設定していきます。
 作業はプログラミングに近いですが、構文などを覚える必要はありません。
 設定の入力などには多少のキー操作が必要になりますが、基本的にはマウスを
 つかって作ることができます。
  
 (こんなかんじの編集画面です。)
 (イベントコマンドリストから、つかいたい命令を選択し、イベントを作っていきます。)

・アニメーション機能
 アニメーション機能をつかえば、オブジェクトに静止画やアニメーションを簡単に表示させる
 ことができます。

・あたり判定機能
 アクションゲームで欠かせない、物体同士の衝突を検知する「あたり判定機能」を利用することが
 できます。
 判定用の矩形を作成することで、簡単にあたり判定機能を実装できます。

・モーション機能
 
 オブジェクトがどのように移動するかを、グラフィカルに作成できます。
 このように、マウスをつかってルートを作成することで、簡単にオブジェクトの移動経路を
  作成できます。


さいごに

このツールはフリーソフトですから、ここまでの記事でちょっとでも気になったらダウンロードして
使ってみてください。

そして、使い勝手やバグ情報など、なんでも気軽に連絡ください。おまちしております。