ヘルプファイルステージデザイナー・ヘルプファイル - イベントコマンド情報
←イベントコマンドリストへ

コマンドライブラリ


イベントコマンド名称 文字列の開始位置を変更する
機能 文字列の開始位置(1文字目の位置)を設定します。
設定する座標の原点は、配置オブジェクト左上の隅の部分です。
使い方 設定する内容は以下の通りです。
項目番号 項目 設定内容
1 配置位置X座標 X軸(横方向)の位置を設定します。
2 (X値の参照データアイテム) X軸(横方向)の位置をデータアイテムの値から設定します。
この項目が設定されている場合、項目1の設定は無効となります。
この項目を無効にしたい場合は、設定ダイアログにてデータアイテムを
使用しないように設定してください。
3 配置位置Y座標 Y軸(縦方向)の位置を設定します。
4 (Y値の参照データアイテム) Y軸(縦方向)の位置をデータアイテムの値から設定します。
この項目が設定されている場合、項目3の設定は無効となります。
この項目を無効にしたい場合は、設定ダイアログにてデータアイテムを
使用しないように設定してください。
5 操作対象配置オブジェクト 移動対象の配置オブジェクトを設定します。