ヘルプファイルステージデザイナー・ヘルプファイル - イベントコマンド情報
←イベントコマンドリストへ

コマンドライブラリ


イベントコマンド名称 配置オブジェクトをほかマップに引き継ぐ(座標引き継ぎ)
機能 指定された配置オブジェクトを指定されたマップの指定された座標に移動します。
場所 オブジェクト
使い方 設定する内容は以下の通りです。
項目番号 項目 設定内容
1 設定先マップ 移動先のマップを設定します。
2 (データアイテムから設定する) 移動先のマップをデータアイテムの値から設定します。
この項目が設定されている場合、項目1の設定は無効となります。
この項目を無効にしたい場合は、設定ダイアログにてデータアイテムを
使用しないように設定してください。
3 操作対象配置オブジェクト 引き継ぐ配置オブジェクトを設定します。
X座標についての設定
4 X座標を現在位置から引き継ぐ X軸(横方向)の座標を現在の座標から引き継ぐかを設定します。
「はい」に設定された場合、以下の項目4, 5は適用されません。
5 配置位置X座標 X軸(横方向)の配置位置をマップ座標にて設定します。
6 (X値の参照データベース) X軸(横方向)の配置位置をデータアイテムの値から設定します。
この項目が設定されている場合、項目5の設定は無効となります。
この項目を無効にしたい場合は、設定ダイアログにてデータアイテムを
使用しないように設定してください。
Y座標についての設定
7 Y座標を現在位置から引き継ぐ Y軸(縦方向)の座標を現在の座標から引き継ぐかを設定します。
「はい」に設定された場合、以下の項目8, 9は適用されません。
8 配置位置Y座標 Y軸(縦方向)の配置位置をマップ座標にて設定します。
9 (Y値の参照データベース) Y軸(縦方向)の配置位置をデータアイテムの値から設定します。
この項目が設定されている場合、項目4の設定は無効となります。
この項目を無効にしたい場合は、設定ダイアログにてデータアイテムを
使用しないように設定してください。
所属レイヤーについての設定
10 レイヤー 移動先のマップのどのレイヤーに配置するのかを設定します。
11 ┗レイヤー順位で設定する 移動先のマップに配置されるレイヤーを、レイヤー順位で指定するかどうかを設定します。
12  ┗設定するレイヤー順位 移動先のマップに配置されるレイヤーのレイヤー順位を設定します。
この設定は項目11が「はい」に設定されているときに有効です。
13   (レイヤー順位参照データアイテム) 移動先のマップに配置されるレイヤーのレイヤー順位をデータアイテムから
設定します。
この項目が設定されている場合、項目1の設定は無効となります。
この項目を無効にしたい場合は、設定ダイアログにてデータアイテムを
使用しないように設定してください。
この設定は項目11が「はい」に設定されているときに有効です。
そのほかの設定
14 集団移動配置オブジェクトも引き継ぐ 引き継ぐ配置オブジェクトが親である、集団移動している
子配置オブジェクトも一緒に引き継ぐかどうかを設定します。

Warining 注意
引き継がれた配置オブジェクトは、引き継ぎ元のマップからは消えます。